なかなか乾かないなら氷水を活用すべし


フットネイルをセルフで行う場合、やり方一つで仕上がり具合や乾くスピードも違ってきます。
当然と言えば当然ですが、気合を入れてフットネイルをする場合、何回も塗り重ねてしまうと、その分だけ乾ききるまで時間がかかってしまいます。

 

見た目にはしっかり乾いているようでも、中身は完全に乾いていない状態になっていることも考えられます。
きちんと乾いていない状態では、ネイルの持ちにも影響を与えてしまいます。

 

特に、セルフのフットネイル初心者の方の場合は、ハケの先端部分に液がたっぷり付いたまま塗るやり方をしていることも。
そうではなく、ボトルの縁の方で余分な液を取り除き、調整して爪に塗るようにしましょう。

早く乾かしてあげるコツは?

そして、フットネイルを塗った後に、2分から3分程度自然乾燥をさせてから、氷水に指先をすぐ浸すのがポイントです。
こうするとより早く乾かせるからです。
この方法は、出かけるまであまり時間がなく、早く乾燥させたい時にお勧めです。

 

この他に、ネイルの速乾スプレーを使うやり方もあります。
セルフで塗った後にネイルに噴きかければ、すばやく乾燥させられる優秀アイテムです。

 

いつも普通に自然乾燥している人も、急いで乾燥させたい時のために一つ持っておくと便利です。

 

おすすめネイルトピック

ジェルネイルセットのおすすめランキング
最近、家庭で手軽に出来る、ジェルネイルセットが流行っています。でも、色々な商品が出ているので、どれにしたら良いのか迷いますよね。LEDライト一つとっても、沢山あります。
迷った時は、こちらのサイトでジェルネイルセットが比較されているので自分にあったジェルネイルセットを探してみてはいかがでしょうか?
とてもわかりやすくて参考にしやすいと思います(*´ω`*)

マニキュアの保管法は冷蔵庫がお勧め


乾燥させる際に氷水を使うテクニックは、急いでいる時に有効なやり方ですが、マニキュアの保管の仕方によっても乾き具合が違ってきます。

 

お勧めの方法は、通常マニキュアを保管しておく時は、冷蔵庫で保管するやり方です。
こうすることによって、マニキュアが乾きにくくなるのを防止することができます。
冷蔵庫で保管する方法は、マニキュアが温度の関係でドロドロになったり、伸びが良くなる効果もあります。

 

結果的に、塗りやすくなるので、マニキュアを塗るのは苦手な方に試してもらいたい方法です。
もし、冷蔵庫でずっと保管するのが難しい場合は、塗る前の15分から30分前くらいに冷蔵庫に入れておきましょう。

 

さらに、ドライヤーの力を借りても早く乾かすことができます。
ドライヤーを使うなら、20センチ程度離れた場所から冷風を当てるのがコツです。
なぜなら、温風にすると熱でマニキュアが溶け出すことがあるからです。
溶けてしまったら、乾くスピードが遅くなるので気をつけましょう。

 

さらに、オリーブオイルをマニキュアを塗ってから上に塗る方法もあります。
2分から3分程度たったら、水で指先を流しましょう。
オリーブオイルには保湿効果があり、ネイルにゴミや付いたり跡が付くのを防いでくれます。