マスキングテープを使ったセルフフットネイルの正しいやり方

 

 

フットネイルをセルフで行うにはある程度のコツが必要となります。
足の爪は凸凹としており、色を重ねる時もまだらになってしまったり、色が爪からはみ出てしまうなどという事もよくあります。

 

こうした問題を解決しながらきれいに仕上げるにはマスキングテープを活用するのが良いでしょう。

 

手紙やメモなど、何等かの用紙に貼るというイメージのマスキングテープですが、土台となる爪の水分をしっかりと拭き取って乾燥した状態に貼れば同じようにきれいに貼り付ける事が出来ます。

 

最近ではたくさんのデザインがありますから好きなように選べるというのも魅力のひとつと言えるでしょう。

 

実際のフットネイルのやり方としては、テープを爪の形に合わせてカットして貼り付けた後に、上からトップコートを塗ります。

 

一度塗りではすぐに剥がれてしまう可能性もありますから、トップコートは2度塗りするのが良いでしょう。
ジェルネイル程、日持ちはしませんが、2〜3日はきれいに保てます